映画通が厳選!夏にみておきたい「花火」に酔いしれる映画12本

写真拡大

夜空を彩る“花火”は美しいだけではなく、一瞬で散ってしまうその儚さ故に観る者のエモーションをかきたてる夏の風物詩。花火大会に毎年多くの人たちがつめかけるのもそのあたりに理由がありそうですが、映画にも古今東西、“花火”が重要な役割を果たしている作品がたくさんあります。そこで、ここでは“花火”が印象的な映画を洋邦織り交ぜ多彩なジャンルから12本紹介。どれも夏の夜に観るのにピッタリです。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

まずは“花火”に彩られた日本映画から紹介しよう。最初に挙げるのは、名匠・成瀬巳喜男の名作『女の中にいる他人』(1966)。タイトルがすでに不穏なムードを伝える本作は、エドワード・アタイヤの小説『細い線』をベースにした心理ミステリー。

殺人を犯して自首しようとした男(小林桂樹)が、子供の将来を案じた妻(新珠三千代)に事故死と見せかけて殺されるまでを描き出すが、降り注ぐ雨、妻の顔のクローズアップなど緻密に計算された成瀬の演出が静かな緊迫感を作り上げる。そして、その秀逸な演出の最終兵器として登場するのが花火だ。

久しぶりに家族みんなで乗る遊園地のコーヒーカップ、打ち上げられる花火とそれに見入る子供たちの表情が、幸せだった時間を思い起こさせ、その後の展開を予想させる。花火は、日本の映画でも古くから人の心の表と裏を映す“装置”として機能していたのだ。

しかし、映画ファンの多くが“花火の映画”と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、岩井俊二監督の『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(1993)だろう。

当初テレビドラマシリーズ「if もしも」の一編として放送され、翌年劇場公開された本作は、タイトルに示されたささやかな疑問をモチーフに、友情と恋愛をテーマにした思春期のふたつの物語を交錯させて描くピュアなラブ・ストーリー。

ユニークな語り口、当時14歳の奥菜恵の可愛さも手伝って、花火が打ち上げられるクライマックスでは誰もが初恋のときめきを思い出す。大人になった奥菜と主人公の少年を演じた山崎裕太が当時のロケ地を訪ねるドキュメンタリー『少年たちは花火を横から見たかった』(1999/企画・監督:岩井俊二、演出:白石直人)も併せて観ると、感動が倍増するはずだ。

 浅野いにおの同名コミックを映画化した『ソラニン』(2011)でも、花火のシーンが大切な役割を果たしている。

会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と音楽の夢を諦めきれないフリーター・種田(高良健吾)との純愛、思いがけない悲しい出来事、芽衣子の未来が原作そのまま映像に焼きつけられているが、物語の中盤、これもコミックを忠実に視覚化したパラシュート花火のシーンは特に鮮烈だ。それは若い恋人たちの時間を横移動しながらスローモーションで切り取った浜辺のシーンとともに、悲しみに暮れる芽衣子の大切な思い出。彼女が再び動き出すきっかけにもなる、そのかけがえのない時間を観る者にも共有させる。

『ソラニン』の高良健吾が主演した『おにいちゃんのハナビ』(2010)は、毎年世界一の花火が打ち上げられる新潟県小千谷市片貝町の「片貝まつり」を背景に綴られる感涙のトゥルーストーリー。

急性白血病で余命半年の妹(谷村美月)の尽力で引きこもりを克服した青年(高良)が、妹の死後、彼女が見ることのできなかった花火を打ち上げるクライマックスでは思わず号泣! 花火に込めた想いにグっとくる違いない。

『転校生』『時をかける少女』などで知られる大林宣彦監督の『この空の花−長岡花火物語』(2011)も、タイトルから明白なように、新潟県長岡市の伝統的な花火大会をモチーフにした荘厳な人間ドラマだ。戦禍や2004年の新潟県中越地震を乗り越えてきた長岡の歴史と、11年の東日本大震災の復興への願いと希望を、大林監督が初めてフィルムではなくデジタル映像で綴った意欲作。

重くなりがちなドラマを劇中に登場する舞台劇を絡め、デジタルの特性を活かした新感覚の映像で分かりやすく伝えていて目をみはる。同じように、マンガのような無数の花火がクライマックスで次々に上がる大林監督の初期の劇場映画『ねらわれた学園』(1981)と比べても、その若々しい感覚は引けを取らない。

ここからは“花火”が効果的に使われた海外の映画の目を向けてみよう。最初はサスペンスの巨匠、アルフレッド・ヒッチコック全盛期の名作『泥棒成金』(1955)。

いまは南仏リヴィエラで悠々自適な生活をおくる伝説の宝石泥棒とクールでゴージャスなアメリカ娘をめぐる恋愛サスペンスだけど、ヒロインに扮したグレース・ケリーが次々に変える色鮮やかな衣裳と宝石の数々など贅の限りを尽くした演出にうっとり。中でも彼女の胸元のネックレスを浮かび上がせる、暗い部屋の窓越しに花火が打ち上がるラブシーンは圧巻だ。

ヒッチコックとグレース・ケリーが再び組んだ『ダイヤルMを廻せ!』(1954)にも男女の愛を花火と重ねた名シーンが登場するので、そちらも併せて観て欲しい。

当時“ヒッチコックの後継者”とも言われていたブライアン・デ・パルマ監督のサスペンス・ミステリー『ミッドナイトクロス』(1981)も、クライマックスの花火のシーンが印象的だ。

ジョン・トラボルタ扮するB級映画の音響効果マンが効果音を録音中に不穏な自動車事故を目撃。救助した女性の協力を得て彼が事件の真相を究明しようとする映画は画面分割、360度回転しながらの撮影、超スローモーションなどデ・パルマお得意の映画テクニックのオンパレード! そのエンディングを飾るのが、花火の下で繰り広げられるクライマックス。

高鳴る音楽、絶妙なスローモーション、美しい悲鳴……スリルと興奮の果てに訪れる切ない幕切れが、皮肉なほど壮麗な花火と甘美な音楽とともに脳裏に焼きつくに違いない。

続いてはフランス映画。すぐに頭に浮かぶのは、孤高の天才監督レオス・カラックスの『ポンヌフの恋人』(1991)の花火のシーンだ。

路上生活をしている青年と、失恋の喪失感と失明の危機を抱えた画学生の女性との純愛を描いた本作はカラックスが“本物”にこだわったために製作費が膨れ上がり、完成が危ぶまれた逸話で有名。だが、その甲斐あって本物と同寸のポンヌフ橋のオープンセットを始めとした美術、映像の美しさに目を奪われる。

中でも川と橋を取り囲むように、これでもか、これでもかと打ち上げられ、時に橋の上に打ち付けられる色鮮やかな花火の中で、恋人たちが抱き合い、踊るシーンは言葉にならないぐらいスゴい。映画史に残る名シーンだ。

“花火”が身に沁みる“痛い”ラブ・ストーリーをアメリカ映画からも1本。『ブルーバレンタイン』(2010)は、あるカップルの出会いから、結婚、破局までをふたりの関係が壊れかけた現代と過去を交錯させながら描いていく。『ドライヴ』のライアン・ゴズリングと『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムスの共演も話題になったけど、彼らが全身全霊で挑んだ生々しい演技、破滅に向かって突き進む狂おしい展開は観ている者の胸も締めつける。

その極めつけが、花火を効果的に使ったラストシーン。夢や希望に溢れていた過去を“まぼろし”だったかのように照らし出す、一瞬の閃光が愛が終わったことによる痛みをまざまざと代弁している。

花火はアクション映画にも欠かせない。というわけで、香港映画からはジャッキー・チェン主演の『九龍の眼/クーロンズ・アイ』(1988)。

『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(1985)の続編で、犯人グループに恋人を誘拐されたジャッキー演じる刑事が、自分の身体に爆弾を仕掛けられながらも大活躍! しかもクライマックスの戦いの舞台は花火工場。とくれば、どうなるかはだいたい想像できるはずだ。ジャッキーの生身のアクションが、花火の爆破シーンによってパワーアップ。最大級の興奮が味わえる。

最後は最新のビッグ・タイトルで締めくくろう。今春日本公開されたばかりの『アイアンマン3』(2013)だ。

観てない人は、人気アメリカン・コミックを映画化したSFアクションに花火? と思うかもしれないけれど、億万長者にして天才発明家トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)ことアイアンマンの文字通り、最後にして最大の戦いを描いた本作でも、花火は思いがけない形で登場する。合衆国政府から“危険分子”とみなされ、一方では史上最悪のテロリスト“マンダリン”から突如襲撃を受けるアイアンマン。

そんな彼の孤独なバトルを、飛躍的に進化したアイアンマン・スーツ、正体不明の新キャラ“アイアン・パトリオット”の登場、歴代のスーツに身を包んだ十体を超えるアイアンマンが集結する迫力の戦闘シーンなど、フィナーレに相応しいド派手な見せ場を用意して描き出していく。

そして、その有終の美を飾るようにクライマックスで “花火”が鮮やかに閃光するのだが、それがどんな形で登場するのか? は、これから観る人の驚きや感動を奪うので、ここでは触れない。ただ、トニー・スタークがアイアンマン・スーツから解き放たれたような印象を受ける、とだけ書いておこう。


さあ、ここまで読んで、あなたはどの作品が気になりましたか? もちろん、これ以外にも“花火”が登場する映画はまだまだたくさんあります。すでに観ている映画も、“花火”に着目して観るとまた違った感動が味わえたり、発見があると思うので、ぜひもう一度見直してしてみてはいかがでしょうか。

こちらのレポートもどうぞ!
『全国花火大会特集2013』大会情報・穴場・裏ワザ・グルメガイド [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15785 ]
aiko、初音ミクからドビュッシーまで! 夏に聴きたい「花火ソング」厳選10曲 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16149 ]
[夏]ラクして確実にやせる!ダイエット法まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15790 ]
[夏]あなたは大丈夫? 恋愛のNG行動集 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15786 ]
[夏]猛暑に負けない!夏バテに効くグルメ&飲料 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15787 ]