英国王室御用達メーカーと提携「葉山シャツ」蕎麦の名店跡地にオープン

写真拡大

 テューラ・ジャパンがイギリスの王室御用達メーカーKinloch Anderson(キンロック・アンダーソン)社と提携し、ビジネスドレスシャツに特化した「キンロック・アンダーソン 葉山シャツ本店(以下、葉山シャツ)」をオープンした。同店は神奈川県葉山町の蕎麦店「如雪庵一色」の跡地に出店し、オーダーシャツやレディメイド商品を展開。初年度の売上高は1億5,000万円、3年後には年間7億円を目指すという。

キンロック・アンダーソン葉山シャツ本店がオープンの画像を拡大

 1868年にスコットランドのエジンバラで創業したKinloch Anderson社は、英国王室御用達の証ロイヤルワラントを授与されたタータン&キルトメーカーで、現在はスコットランドの伝統的な紳士フォーマルであるキルトや服飾雑貨を展開している。今回、テューラ・ジャパンはKinloch Anderson社とコラボレーションし、ブランドとしての理念を継承しながら日本で商品を企画・生産。「葉山シャツ」のためにデザインされたオリジナルのタータンは「HAYAMA SHIRT HONTEN TARTAN」として英国のタータン協会に登録され、ブランドネームや販促商品などに使用される予定だ。

 葉山シャツ本店は「如雪庵一色」の歴史を感じさせる外観を残し、創業と同年の1868年に造られた家具やスコットランド由来の家具を内装に使用。店内ではオーダーメイド(21,000円〜31,500円/参考価格)をはじめ、レディメイドの「葉山本店モデル」(8,715円/13,440円)、同じくレディメイドの「オーセンティックモデル」(7,350円)の3ラインをラインナップ。本格オープンは10月が予定されている。

■キンロック・アンダーソン 葉山シャツ本店
 住所:神奈川県三浦郡葉山町一色1987番 葉山御用邸前
 TEL:046-877-5408
 http://www.hayama-honten.com/