写真提供:マイナビニュース

写真拡大

六本木天文クラブは東京シティビュースカイデッキほかで、8月12日・13日・23日・29日に、子供から大人まで楽しめる天文イベントを多数開催する。

○「ペルセウス座流星群」解説セミナーも

同イベントは六本木ヒルズの東京シティビューで、季節の天文ショーとともに専門家による星空の解説セミナーを開催。その他、天体望遠鏡をつくるワークショップなど、夏休みの自由研究にも利用できるプログラムも用意する。

イベントととして、専門家がペルセウス座流星群の観察のポイントや楽しみ方をレクチャーする「ペルセウス座流星群」解説セミナーを開催。また、作った望遠鏡を持って屋上スカイデッキに上がり、天文学の専門家に使用方法や観察ポイントを聞いて観察する「天体望遠鏡をつくろう」など、全5本を実施する。

○浴衣着用でスカイデッキの入場料が無料

また、8月1日〜31日は「浴衣DE 無料!スカイデッキ」を実施。営業時間を22時まで延長するほか、浴衣着用の来場者は森タワー屋上「スカイデッキ」の入場料(通常500円)が無料となる(東京シティビュー入館券1,500円は別途必要)。

なお、日時・定員・参加料はプログラムによって異なる。詳細は六本木天文クラブ公式サイトで確認できる。

(フォルサ)