時効の事件で男性を不当に勾留

ざっくり言うと

  • 東京地検は時効が成立した事件で男性を起訴して、不当に勾留していたことが判明
  • 男性は建造物侵入の罪で不起訴とされるも建造物侵入の時効は3年で成立していた
  • 7月29日、間違いに気づいた東京地検が釈放した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング