吉岡徳仁クリスタルの世界 公立館初の大規模個展を開催

写真拡大

 国際的に活躍する吉岡徳仁の先鋭的な作品を展示する個展「吉岡徳仁-クリスタライズ」が、東京都現代美術館で開催される。期間は2013年10月3日から2014年1月19日。公立館初の大規模個展となり、日本初公開の新作展示も予定されている。

吉岡徳仁の大規模個展開催の画像を拡大

 本展は「Crystallize(クリスタライズ)」をテーマに、2007年からスタートした同氏の作品群「Crystallized project」で構成される。「白鳥の湖」と題された結晶の絵画や、7つの糸から生み出される椅子「蜘蛛の糸」、ガラスのベンチ「Water Block」、プリズムでつくられた建築「虹の教会」のほか、大型インスタレーションなどが展示予定。自然の原理と偶然の美によって人の感覚を喚起させる展覧会になる。

 吉岡徳仁は、プロダクトや空間、建築など、多岐に渡ってデザインやアート作品を手掛けており、自由な着想と実験的な創作によって国内外で高い評価を得ている。ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)のショップデザインやインスタレーションを20年近く手がける他、HERMES(エルメス)、BMW、TOYOTA、LEXUSといったブランドや企業とコラボレート。「SWAROVSKI(スワロフスキー)」の世界中のフラッグシップストアのコンセプトデザインも手がけている。

■「吉岡徳仁-クリスタライズ」展
 会期:2013年10月3日(木)〜2014年1月19日(日)
 会場:東京都現代美術館
 休館日:月曜日(ただし10月14日、11月4日、12月23日、1月13日は開館)、10月15日、11月5日、12月24日、12月28日〜2014年1月1日、1月14日
 住所:東京都江東区三好4-1-1
 TEL:03-5245-4111(代表)
http://www.mot-art-museum.jp/