市内観光にはトラム(路面電車)が便利だ

写真拡大

欧州各地への乗り継ぎ需要を見込んで開設された日本航空(JAL)の成田-ヘルシンキ線には、意外にヘルシンキ観光を目的にした乗客も多いことが明らかになってきた。乗り継ぐ場合も、ヘルシンキで1〜2泊して目的地に向かえば旅の幅が大きく広がる。

郊外に長期間滞在して「スローライフ」を満喫するのも魅力的だが、今回は、「弾丸日程」でのフィンランドの効率的な楽しみ方を現地で探った。

大半の観光地は電停から徒歩圏内

JALのヘルシンキ支店によると、当初はヘルシンキで降りずに乗り継ぐ乗客と、ヘルシンキで降りる乗客の割合を8:2だと見積もっていた。しかし、路線開設後から1か月がたった現在では5:5のペースで推移しているという。フィンランドに短期滞在する需要も伸びているようだ。

ヘルシンキ空港でフィンランド入国後に最初にすべきは、観光案内所で地図を仕入れること。日本語の資料もある。ここでは市内の交通機関のほとんどが乗り放題になる「day ticket」を購入することができる。ここでチケットを買っておけば、空港から市内へのバスを含めて、市内観光で運賃の支払いに煩わされずに済む。値段は24時間有効のもので12ユーロ(約1560円)、48時間有効のもので18ユーロ(約2340円)。

空港から市内までは30分程度。街の中心とも言えるのがヘルシンキ中央駅で、「トラム」と呼ばれる路面電車も同駅を拠点に市内を縦横無尽に走っている。市内は比較的コンパクトで、環状線に乗れば1時間程度で街の雰囲気をつかむことができる。北欧最大のロシア正教の教会「ウスペンスキー寺院」、ルーテル派の本山「ヘルシンキ大聖堂」、「フィンランディア」で知られる作曲家のヤン・シベリウスの業績をたたえた「シベリウス公園」など、多くの観光スポットが電停から徒歩圏内だ。これらの主要スポットは、半日あれば回ることができる。

記者が訪れた7月下旬の日の入りは22時過ぎ。シベリウス公園では20時半を過ぎても大勢のランナーがジョギングを楽しんでいた。北欧ならではの光景だ。

世界遺産「スオメンリンナの要塞」まで足を伸ばすのも一案

フィンランドの歴史に触れるのであれば、さらに半日かけて世界遺産の「スオメンリンナの要塞(ようさい)」に足を伸ばすのも良い。要塞(ようさい)は1748年にロシア帝国の拡大に備えて建設が始まり、市内の6つの島に大砲などが設置されている。前出の「day ticket」が使える市営フェリーで15分で行くことができ、島内の博物館(入場料6.5ユーロ、約860円)では島の歴史を詳しく学ぶことができる。

さらに日程が許せば、第2の都市「タンペレ」に足を伸ばすのもよい。ヘルシンキ中央駅から鉄道で1時間半〜2時間。フィンランドの鉄道は日本の新幹線よりも線路の幅が広い「広軌」(1524ミリ)を採用しており、客車がかなり大きいのが特徴的だ。

「ムーミン谷美術館」、ゲストブックの2割は日本語で書かれている

タンペレは、かつては製紙や繊維産業で栄え、フィンランド有数の繊維メーカー「フィンレイソン」が拠点を置いていることで知られる。最も有名な観光スポットは「ムーミン谷美術館」(入場料6ユーロ、約800円)。日本でも有名なアニメ「ムーミン」の原作者、トーベ・ヤンソンが描いた原画約2000点が所蔵されているほか、作品中の場面を再現したジオラマも多数展示されている。とりわけ目を引くのが、5階建ての「ムーミン屋敷」。高さは約2メートルもあり、内部はムーミンファミリーの生活の様子が細かく作り込まれている。

タンペレの街ではほとんど日本人を見かけることはないが、このムーミン谷美術館を訪れる日本人は多いようだ。ゲストブックの少なくとも2割は日本語で

「ムーミンに会いに、はるばるやってきました」
「ムーミンのお話の深さ、広さを改めて知りました」

といったメッセージが書き込まれていた。この博物館は、タンペレ駅からバスで10分程度かかる場所にあり、決してアクセスが良いとは言えない。思わぬ形で日本人の「ムーミン熱」の高さを垣間見ることになった。