写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本銀行は2日、2013年7月のマネタリーベース(日本銀行券発行高、貨幣流通高、日銀当座預金の合計値)を発表した。それによると、7月末のマネタリーベース残高は前月比1,868億円増の173兆3,118億円となり、過去最高を更新した。

内訳は、日本銀行券発行高が83兆5,904億円(前月83兆8,307億円)、貨幣流通高が4兆5,551億円(同4兆5,447億円) 日銀当座預金が85兆1,663億円(同84兆6,996億円)。

併せて発表した7月のマネタリーベース平均残高は、前年同月比38.0%増の170兆3,890億円となり、こちらも過去最高を更新した。内訳は、日本銀行券発行高が同3.1%増の83兆4,873億円、貨幣流通高が同1.0%増の4兆5,498億円、日銀当座預金が同116.4%増の82兆3,519億円。

(御木本千春)