1番でセカンドがスウィルカンバーンにつかまった有村智恵(撮影:南しずか)

写真拡大

<全英リコー女子オープン 初日◇1日◇セントアンドリュース・オールドコース(6,672ヤード・パー72)>
 「全英リコー女子オープン」がスコットランドにあるセントアンドリュース・オールドコースで開幕。時折小雨が降ったものの風も穏やかだったこの日はアンダーパーをマークする選手が続出した。そんな中9名が出場している日本勢は明暗が分かれる結果となった。
藍、初のメジャー制覇へ3アンダー18位タイ発進!
 宮里藍、上原彩子、佐伯三貴が3アンダー18位タイ、初出場の森田理香子、比嘉真美子が2アンダーの38位タイと聖地での初日を順調に滑り出したのに対し、宮里美香、横峯さくらは2オーバーの104位タイ、上田桃子、有村智恵は3オーバー120位タイと3ケタ順位でのフィニッシュ。予選通過へ明日の巻き返しが求められることとなった。
 出遅れた有村はスタートホールで1番と18番にまたがって流れるスウィルカンバーンにつかまりダブルボギーを叩くなどショットが乱れて苦戦。同じく3オーバーの上田桃子もショットでリズムを作れず「あまりバーディチャンスにつけられなかったことが、スコアが伸ばせなかった原因」と肩を落とした。この苦しみを糧に2日目は聖地攻略なるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>