暫定首位に立った日高裕貴<写真提供:日本ゴルフツアー機構>

写真拡大

<大山GC・JGTOチャレンジII 初日◇1日◇大山ゴルフクラブ(7,056ヤード・パー72)>
 チャレンジトーナメント「大山GC・JGTOチャレンジII」の初日。日高裕貴が7アンダー65のビッグスコアをたたき出した。競技が霧によりサスペンデッドとなり、暫定の首位タイではあるが優勝へ向け幸先のいいスタートを切った。
国内男子ツアーのニュースをまとめて!
 「今日は小さいミスはあったけど、要所要所でアプローチが入ったり、ミスをカバーすることが出来ました」全体的に悪いところがなかったと日高自身が話すように、見事7バーディのノーボギーで回ってきた。この日は、スタートが降雨により2時間45分の遅れとなりコンディションを保つのに各選手が苦労したはず。日高も同様かと思いきや、「仲間と和気藹々とやっていたので、いい気分転換になりました」と日高は振り返る。
 昨年、大山ゴルフクラブで行われたチャレンジトーナメントでは、グリーンの目の強さに苦戦を強いられたという。この日もグリーンに苦戦し、狙ったところに打っても思ったところにいかないこともあったようだ。「今日は苦戦しましたけど、だいぶラインがわかってきました。明日はしっかり狙ったところに打っていきたいです」。
 最終日、優勝を狙える絶好の位置でのスタートとなるが、「ここまでいい位置で来たので優勝を狙っていきたいです。でもそればっかりを意識してしまうと思うようなゴルフが出来ないと思うので、まずは自分のゴルフをしっかりしていきたいです」。日高のチャレンジトーナメント初優勝は、自分のゴルフが出来るかにかかっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」
全英女子OPのリーダーズボード、宮里藍が好発進
最新のゴルフギア情報&試打レポート
ALBA.Netのスーパールーキーが最新クラブを斬る!