(c)TVh けいざいナビ北海道

写真拡大

先日、日本経済新聞の東京・首都圏経済版に、大手町、丸の内、有楽町地区にて放置自転車を2時間で撤去するという記事が掲載されていた。この界隈は最近リニューアルした東京駅や皇居など観光名所も多い場所だけに、確かに放置自転車は大問題である。しかし、2時間で撤去するということで本当に問題の解決になるのだろうか?

2時間は自転車置き放題?

 放置自転車が増える原因の一つに自転車で移動をしたいという人々の欲求が高まっていることがある。近年巻き起こった自転車ブームは、ブームの域を超えて定着しつつある。

 自転車という移動手段は欲求からニーズに変わってきている可能性が高い。またエコな移動手段であるため、自転車そのものを悪者扱いすることも難しい。海外では自転車専用レーンを設けるなど、自転車による移動はむしろ促進されている状況である。

 そして、もう一つは2時間で撤去ということは、2時間以内なら放置してもいいという身勝手な解釈をすることもできる。これはむしろ放置自転車数を増幅させないだろうか。

 一つの解決策としては、カーシェアリングならぬ自転車シェアリングであろう。自転車シェアリングは海外でも増えており、パリやロンドンなど世界有数の都市で行われており(参考記事:自転車シェアリング・サービスが、欧米の主要都市で拡大中)、今年はニューヨークでも開始された。どれも観光都市として有名な場所である。世界では500を超える都市で自転車シェアリングは行われているそうである。

自転車シェアリングは日本で定着するか?

 日本では札幌、東京、横浜、仙台などで自転車シェアリングが行われている。先日、担当している番組「けいざいナビ北海道」にて、札幌で自転車シェアリング「ポロクル」の事業を行っている企業を取り上げた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)