宇宙人へ向けた世界初の広告宣伝始動―JAXAがガチで全面協力

写真拡大

宇宙通信用アンテナUHA味覚糖株式会社(以下、UHA)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)協力のもと、世界初となる地球外生物へ向けた広告活動『UHA 味覚糖「スペースアドプロジェクト」』を始動した。

【関連:AXA筑波宇宙センター特別公開レポート】

宇宙通信用アンテナ


プロモーション開始当日の7月7日(日)には、臼田宇宙空間観測所で深宇宙探査機とデータの受発信をおこなっている直径64メートルを誇る日本最大の宇宙通信用アンテナを使用し地球外へ向け商品を訴求。余談だが使用されたアンテナは小惑星探査機「はやぶさ」とも通信をおこなっていたもの。
今回は特別にJAXAの許可を得て、アンテナの中心部の副鏡※からUHA代表取締役社長 山田泰正が、自ら宇宙へ向け生メッセージを伝えている。

地球外生物へ向け訴求した商品は「グミガーム」。強い弾力性をもち、噛むことでストレス発散に役立つという特性を持っており、その特性にマッチする購買層を予測した場合“地球外の過酷な環境下で暮らす地球外生物はストレスを抱えているに違いない”とUHAは勝手に判断。その結果今回のプロモーション実施に至っている。

尚、このプロモーション、どこまで本気かわからないが、現在地球外生物から反応があった時のため、宇宙ファンたちと共同で反応を追跡中という。そして、7月31日からは宇宙へ向けた広告メッセージ「スペースアドプロジェクト」公開中している。

※副鏡から発声されていますがアンテナによる電波放出は行われていません。
代表取締役社長 山田泰正
【URL】
http://www.gumiguum-spacead.jp/