写真提供:マイナビニュース

写真拡大

骨董ジャンボリー実行委員会は2日〜4日、東京都・東京ビッグサイトにて、「第28回骨董ジャンボリー」を開催する。

○国内最大規模の骨董展示即売会「骨董ジャンボリー」

同イベントは、今回で28回目を数える、国内最大規模の屋内骨董展示即売会。日本の骨董品を主要に扱う骨董業者が約270店舗、西洋骨董やアンティーク・トイなどを主に取り扱うディーラー約130社、今はやりのキッチンアイテムなどコレクタブルズのディーラーが100社以上、総計500社ほどのディーラーが一堂に会する。

北海道から九州まで日本全国からディーラーを集め、また海外からの参加もあり、品ぞろえは30万点をゆうに超える規模となる。近年流行となっている企業宣伝ものなどの、時代の若いコレクターズアイテムも多く取りそろえているという。

また、当日会場では「修理屋横丁」を開設し、毎回「おもちゃ」「時計」「陶磁器関係」「銀 器」の修理専門店が出店する。

開催日時は、8月2日〜4日 10時〜17時(8月2日はアーリーバイヤーズデイ。一般の入場も可)。当日入場券は1,000円で、3日・4日の2日間有効。会場は、東京ビッグサイト 東1ホール(東京都江東区有明3-11-1)。その他、詳細は同イベントWebサイトにて確認できる。

(エボル)