写真提供:マイナビニュース

写真拡大

この3年で世界にある日本食レストランは2倍に増えたというが、今や海外にいながらにしておなじみの味に出会える時代となった。特にアジアでの日本食の増殖ぶりは目覚ましく、中でも香港はそもそも日本食品などの輸入の歴史が長く、早い段階から日本食チェーンが出店していた。「街を歩けば日本食チェーンの看板に当たる」といっても過言ではないほどなのだ。

○本格的な日本の味も、ご当地の味も

香港では、定食の大戸屋、カレーのココイチ(CoCo壱番屋)、牛丼の吉野屋、熊本ラーメンの味千、居酒屋の和民などなど、あらゆるジャンルが選び放題! ただし、各チェーンによって海外でのメニュー展開はどうも違うらしい。本格的な日本同様の味で高級さをウリにしているところもあれば、現地の好みに合わせたご当地メニューで人気を博しているところもある。

例えば吉野屋には、うどんなどの麺メニューもある。1995年に香港1号店を出店し、海外日本食チェーンでは老舗にあたる元気寿司でも、幅広いメニューを展開。期間限定ではあるが、「スパイシーソース鯵のりレタス包み(22香港ドル/約280円」と辛味メニューや、「炙り特大えびのバターソース(20香港ドル/約260円)」という濃厚なものも。

旭川ラーメンの山頭火は、ラーメンなのは日本と同じだが、「すし定食」(102香港ドル/約1,310円)「鶏から揚げ定食」(96香港ドル/約1,230円)「とんかつ定食」(102香港ドル/約1,310円)や「かにごはん定食」(92香港ドル/約1,180円)など、高級がっつり系定食が人気。日本食が海外で新しい味に変身し、日本に逆輸入される日も近いかもしれない!?

○セブンのオリジナルブランドだって!

コンビニPBで業績20%アップのセブンイレブンのブランド「セブンプレミアム」にも海外版が! その名も「SIGNATURE」(特製)。小龍包などの香港ならではの惣菜ものやお弁当、更にはチョコチップクッキーなどのお菓子まで、香港で製造されたオリジナル製品が棚に並んでいる。残念ながら店内に電子レンジが備わっていないので、惣菜やお弁当をホテルで食べるのはちょっと難しいが、クッキーは甘すぎず日本人にも合う味に仕上げられていた。

ショッピングモールをぷらりと歩いてみると、マグロ専門店を掲げた居酒屋も。日本の駅ビルにいるかと錯覚するほど、おいしそうな日本食レストランが目白押しなのである。

(マリソル)