<WGC-ブリヂストン招待 事前情報◇31日◇ファイアストーンCC(7,400ヤード・パー70)>
 「WGC-ブリヂストン招待」に出場する松山英樹が、会場のファイアストーンCCで最終調整を行った。
 この日は以前から約束していた通り今季米ツアーで1勝を挙げているビリー・ホーシェル(米国)と共に9ホールをラウンド。ところが、ばらつくショットに不満気な様子で本戦へは不安をのぞかせた。予選ラウンドはタイガー・ウッズ(米国)と回るだけに少しでも調子を上げて臨みたいところだが、表情は晴れることはなかった。
 それでも、予選落ちがなく賞金額も大きい今大会は、来季のシード権獲得へ前進する格好の舞台。来季のシード確保へは約15万ドルの上積みが目安となるが、今大会単独10位ならその数字をクリアすることができる。余分なプレッシャーを受けずにメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」を迎えるためにも今大会は重要な一戦となりそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>