『指揮官と参謀−コンビの研究』

写真拡大

組織に属し部下ができれば、マネジメント能力やリーダーシップが問われ始める。その中身は洋の東西や組織の風土等により異なるが、旧日本軍の「統帥」は、江戸期以来の武家の伝統を引き継ぐ面もあり、日本型組織の原型を想起させて興味深い。

旧日本軍の「統帥」の要諦は、「指揮官は大方針を示し実務は有能な部下に任せる。指揮官は君徳を積みその威望で部下を心服させる」ということに尽きる。リーダーシップを「統御」と「指揮」に分けると、「統御」に力点が置かれているのが特徴だ。

「将たる者は下の者にテゲ(大概)にいっておく」

これは、「将たる者は下の者にテゲ(大概)にいっておく」との旧藩時代からの伝統を持つ「薩摩型将帥」の在り方で、日露戦争の満州軍総司令官大山巌を典型とした。大山は己を虚しくし、長州出身の英才児玉源太郎にその才幹を遺憾なく発揮させ、奉天会戦までの陸戦を勝利に導いた。これ以来、この「大山・児玉」のコンビ・スタイルが、旧軍の組織運営上のロールモデルであったことは人口に膾炙して久しい。

その時代を下った不肖の息子が悪名高い「幕僚統帥」であり、無謀を勇敢と履き違えた参謀とその認容を「統御」と曲解する将軍連に焦点を当て昭和初期の旧軍を批判する書物は多い。これに同調し批判することは容易いが、当時の切所の意思決定を見ると、その人間関係や力学は現在とさして変わらないことに気が付かされる。

今回紹介する『指揮官と参謀−コンビの研究』(半藤一利、文春文庫)は、満州事変以降の十五年戦争を題材に、旧軍における上司・部下等のコンビが果たした役割に着目した組織論だ。特定の場面では歴史を動かし、別場面では無力になる人間模様には、組織における個人の重みや限界を改めて考えさせられる。

登場人物は、我々の身の回りにいるごく普通の人間

一例を挙げると、満州事変の石原莞爾。智謀に優れていても、組織内の根回しは苦手。満州事変勃発時、関東軍出動に首を縦に振らない軍司令官に「もうやめた」とすぐにさじを投げる。そのままなら満州国はなかったかもしれないが、粘り強さと胆力に富む板垣征四郎が石原の上司。夜中3時までかけた粘り腰で司令官を説得してしまう。「智謀」の石原が注目されがちだが、抜群の実行力を持つ「胆力」の板垣なしでは絵に描いた餅に終わっていただろう。満州事変は、まさに両者の合作であった。

その石原も、己を恃み過ぎる傲岸不遜振りが災いし、真面目な能吏タイプの東条英機に嫌われ閑職に回されると、組織内では無力化した。頭は抜群に切れるが組織内の調和には無頓着で、秩序を重んじる上司に嫌われて不遇をかこつ。包容力ある上司の下でないと力が発揮できないタイプ。我々の周りにもいそうではないか。

他方、板垣は、大将に昇り陸相を務めるなど栄進したが、「大山」的な己を虚しくすることに長けていた反面、無謀な部下の言うがままに動くロボットと化し、戦後はA級戦犯として絞首刑となった。うるさいことを言わず仕えやすいが、部下に恵まれない場合は、「統御」に力点を置き、自らの理念・方針で「指揮」することに乏しい「薩摩型将帥」の悪しき面が現れ、事態の悪化を拱手傍観し責任だけを負わされかねないタイプだ。

他の例も、舞台は歴史の一場面だが、登場人物は、我々の身の回りにいるごく普通の人間だ。組織における個人・コンビの役割に思いを馳せながら、自分や身近な人をその身に置き換えて、その状況下でどのように振る舞えるのかを考えて読んでみるのも面白いと思う。

総務省(課長級)H3Y

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。