写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都江東区の日本未来科学館は7月31日〜8月6日、アイスランド出身の歌手・ビョークのマルチメディアプロジェクト「Biophilia Tokyo(バイオフィリア トウキョウ)」を開催している。

○最先端テクノロジーと音楽、自然科学を融合

同プロジェクトは、スタジオ・アルバム、タッチスクリーン用アプリ、ウェブサイト、カスタム・メイドされた楽器、ライヴ・パフォーマンス、教育的なワークショップから構成されるマルチメディア・プロジェクト。

2011年7月、英国のマンチェスターからツアーが始まり、3年間で世界8か所の開催が予定されている。レイキャビク、ニューヨーク、ブエノスアイレス、パリ、サンフランシスコ、ロサンゼルスに続いて、東京は8か所目。アジアでは唯一の開催となる。

同プロジェクトは、原子から宇宙までの自然現象からインスパイアされたもので、さまざまなテクノロジーを駆使し、音楽を超えた新たな体験価値の提供を目指す。その最先端のテクノロジー、音楽、そして自然科学を融合させる「Biophilia」のコンセプトが日本科学未来館の活動と共鳴し、今回の開催が実現したという。

会期中は、振り子という形で重力に動かされる「グラヴィティ・ハープ」や、電気を発生させ高音を出す「シンギング・テスラコイル」など、ツアーで使用されるカスタム・メイドの楽器をはじめとしたステージセットを見学できる。

開催期間は8月6日まで。開館時間は10時〜17時(入館は閉館30分前まで)。場所は東京都江東区青海2-3-6 日本未来科学館1階 シンボルゾーン。入館料は大人600円、18歳以下200円。

(エボル)