冷戦期 ソ連スパイ日本に220人も

ざっくり言うと

  • 東西冷戦期の1982年、東側情報員約220人が日本で活動していたという
  • 情報員の数は旧ソ連だけで100人に達すると分析していた
  • 機密指定が解かれ、英政府が作成した当時の公文書で明らかになった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング