ダニー・ボイル新作公開日決定、「トレスポ」脚本家と再びタッグ。

写真拡大

「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督の最新作「トランス」が、日本では10月11日に公開されることが決定した。

記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り、消えた絵画を探し出すという斬新な設定のもと、その絵画をめぐって揺れ動く3人の男女をスリリングに描いた本作。記憶と現実がパズルのように入り組んだ展開を、独創的なストーリーテリング、そしてポップな映像と音楽で演出した、まさにダニー・ボイルの真骨頂ともいえるスタイリッシュ・サスペンスだ。

40億円のゴヤの名画「魔女たちの飛翔」盗んだまま記憶を失ったサイモン役に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のジェームズ・マカヴォイ、ギャングのリーダーには「ブラック・スワン」のヴァンサン・カッセル、催眠療法士に「アンストッパブル」のロザリオ・ドーソを起用。

脚本は「トレインスポッティング」「シャロウ・グレイブ」のジョン・ホッジと再びタッグを組んでいる。

映画「トランス」は10月11日(金)、TOHOシネマズシャンテ、シネマカリテほか全国ロードショー。