写真提供:マイナビニュース

写真拡大

公演初日を迎えたカプコンの人気ゲーム『逆転裁判』シリーズをモチーフにした『舞台「逆転裁判 〜逆転のスポットライト〜」』のゲネプロ(通し舞台稽古)や主要キャスト陣による舞台あいさつが31日、東京・品川の六行会ホールにて行われた。

『逆転裁判』は、2001年にゲームボーイアドバンス用ソフトとしてカプコンから発売された"法廷バトル"ゲーム。個性的なキャラクターたちと作りこまれたシナリオが話題を呼び、シリーズ累計販売本数440万本を誇り、7月25日に発売された最新作『逆転裁判 5』も好調。現在店頭では品薄状態が続いているという。また、ゲームの枠にとどまらず、法廷を舞台とした独自の作品性とその人気によって、2009年に宝塚歌劇による舞台化、2012年には三池崇史監督、成宮寛貴主演で映画化も果たしている。

舞台『逆転裁判 〜逆転のスポットライト〜』は、『逆転裁判』シリーズでおなじみのヒーロー「大江戸戦士トノサマン」が上演される劇場が舞台。客席にいた主人公・成歩堂龍一(兼崎健太郎)と助手で霊媒師の綾里真宵(荻野可鈴)が見守る中、突如、宙に吊るされていた巨大提灯が落下、そして炎上。この状況は自己なのか、事件なのか――新たな逆転劇が展開される。

ネタバレを避けるため、ストーリーについてはこれ以上お伝えできないが、冒頭で展開される「大江戸戦士トノサマン」の立ち回りや、劇団員・関係者として登場する個性豊かな新キャラクターたちの活躍は、生の舞台でしか味わえない醍醐味と言える。また、御剣怜侍(和田琢磨)や矢張政志(林明寛)といった主要キャラクターに加え、荷星三郎(杉原勇武)やオバチャンこと大場カオル(久下恵美)といったおなじみのキャラクターも登場。さらに重要なシーンではゲーム中のBGMが流れる演出もあり、ファンも納得の仕上がりとなっている。もちろん「異議あり!」「待った!」の決め台詞の応酬も見どころのひとつ。

稽古前に行われたキャスト陣によるあいさつでは、成歩堂龍一を演じる兼崎が「『逆転裁判』の世界観を存分に表現した今回の舞台。最後の公演までキャスト、スタッフ一同、全力でがんばります」と意気込みを語ったほか、御剣怜侍役の和田が「今回は舞台オリジナルストーリーですので、『逆転裁判』ファンはもちろん、シリーズ未体験の人も楽しめる」と、作品をアピールした。

「舞台『逆転裁判 〜逆転のスポットライト〜』」は、7月31日〜8月4日まで東京・北品川六行会ホールにて上演中。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

(担当ぱぴい)