写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヒルトン福岡シーホークは8月8日まで、タイ国際航空の協力のもと、「タイフードフェア」を開催している。

○本場のタイ料理や、文化や音楽を体感できるフェア

同フェアでは、タイ本国ミレ二アムヒルトンバンコクよりシェフ、ロサリン・スリプラトゥムを招き、伝統的なタイ料理をランチブッフェ、ディナーブッフェにて提供。期間中は、本場のタイ料理を味わえるほか、文化や音楽を体感できるフェアになっているという。

ブッフェでは、世界三大スープと言われる辛味と酸味、複雑な香りが特徴的なタイを代表するスープ、トムヤムクンやチキングリーンカレーなどを用意した。

また、「チェンマイ傘ペインティング」として、タイ北部に伝わるチェンマイ傘の絵付けを現地より傘職人が来福し実演。傘はプレゼントされる。さらに、伝統的な民族衣装を身にまとったタイ舞踊のステージも楽しめる(8月3日・4日)。キッズコーナーには、タイ国際航空のマスコットとのフォトセッションパネルや、ぬり絵コーナーも登場する。

会場は、ヒルトン福岡シーホーク4階シアラ「ブッフェ」(福岡県福岡市中央区地行浜2-2-3)。

ランチブッフェは、12時〜14時30分(土・日 〜15時)。月〜金:大人2,090円、シニア1,650円、6歳〜12歳1,100円。土・日:大人2,420円、シニア2,090円、6歳〜12歳1,210円。ディナーブッフェは、18時〜21時30分(土・日 17時30分〜)。月〜金:大人3,960円、シニア3,080円、6歳〜12歳1,980円。土・日:大人4,510円、シニア3,520円、6歳〜12歳2,200円。

また期間中、ディナーブッフェアンケートに答えると、タイ国際航空で行くロイヤルオーキッドホリデイズの旅 バンコク4日間(ペア1組)が抽選で当たる。フェア最終日の抽選となる。その他、詳細は同ホテル公式ページにて確認できる。

(エボル)