パラナ州クリチーバ在住のヤマウチ。そう、シュートボクセがある格闘技人気の高い都市で彼は育った。早くからMMAに馴染める環境も、彼を後押ししたに違いない。

写真拡大

Goiti Ymauchi――、ゴイチ・ヤマウチ。日本語をアルファベットにすれば、本来はGoichi Yamauchiとなるところだろうが、このアルファベット表記こそ、彼がブラジリアンの証ともいえる。1993年1月5日生まれの20歳の日系ブラジル人ファイターは、叔父の指導を受け14勝1敗の戦績とともにBellatorとの契約を果たした。

日本人ファイターとは縁が薄い、世界第2位のMMAプロモーション=ベラトールで、リョート・マチダを思わせる家族とともに戦うファイターが初陣を迎える。
Text by Marcelo Alonso & Photo by Gleidson Venga/Team PVT

――日本生まれと聞いているけど、詳しく教えてもらえないだろうか。

「僕は愛知県の安城市で生まれた。そして、3歳半の時に両親とともにブラジルに引っ越してきたんだ。僕は日本生まれだけど、両親はブラジル人。おばあちゃんが日本人なんだ」

――ところでベラトールとサインをしたけど、もうデビューは決まっているのかい?

「決まったよ。9月13日のカリフォルニア州テメキュラで行われる大会だ」

――その日はシーズン9フェザー級トーナメントが開幕するけど、8人の出場選手のなかに君の名前は見られないね。

「トーナメントに出る前に、ワンマッチで戦うことになっている。まだ対戦相手は聞かされていないけど、すぐにでもベラトールのスタッフから連絡があると思う(ムサ・トリヴァーと対戦という話も聞かれるが、まだ正式発表はない)。それから、正式発表があるはずだよ。トーナメントは来年になってから、出ていくことになるだろう」

――練習環境的にはかつてのリョート・マチダのように家族内で行っているというのは本当かい?

「ほとんどの練習はアレナ・ジムで行っている。ただ、MMAはチーム・ヤマウチの一員として活動しているんだ。コーチは叔父のオサム・ヤマウチ。チームでMMAのために柔術、フィジカル・コンディショニング、ムエタイのトレーニングを積んでいるよ」

――打撃を使って、仕留めるスタイルだけど、柔術トーナメントへの出場経験もあるのかい?

「青帯時代だけど2度、ブラジレイロのチャンピオンになっているよ。一応はナショナル王者だよ。南米選手権でも優勝しているし、パラナ州の大会だったら20回以上チャンピオンになっている。柔道も地区大会レベルだと、たくさんトーナメントに出ていたよ。それからボクシングでもパラナ州のチャンピオンになった。15歳でアマチュアMMAで戦うようになり、7勝0敗でプロに転向したんだ」

――そしてプロでは現在14勝1敗というレコードを残していると。

「その通りだよ。アイアン・ファイトとスマッシュのフェザー級チャンピオンにもなっているよ。そう、ベルトを2つ持っているんだ」

――それだけ若い頃からMMAをやってきたゴイチにとって、アイドル視していたファイターはいるのかい?

「MMAではいないよ」

――MMAでは……ということでは、他のスポーツや格闘技ならアイドルがいたということ?

「1人だけいるよ。K-1チャンピオンだった魔娑斗だ。魔娑斗と自分を重ねてきた(笑)」

――でも、キックでなくMMAファイターを目指したんだね。ではアイドルでなくて、好きなファイターは?

「エメリヤーエンコ・ヒョードルが好きだった。でも、崇拝するというほどじゃない。ヒョードルはアニマルだよ。引退しちゃったけどMMA史上、最高のファイターだったと思っている。凄くアグレッシブなのに、感情に流されるんじゃなくて、目標に到達するために、しっかりと分析してそういう戦いをしていた」

――試合を戦う上で、魔娑斗やヒョードルに影響は受けたのだろうか。スタンドとグラウンド、どっちで戦うことを望んでいるんだい?