写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国土交通省航空局はこのほど、平成24年度の航空輸送統計年報を発表。東日本大震災や欧州債務問題の影響を受け落ち込んでいた国内線・国際線の旅客・貨物輸送量は、回復傾向となった。

○最多は羽田−新千歳路線

国内定期航空輸送の旅客数は、8,597万人、778億8,885万人キロで、前年度比はそれぞれ 8.7%増、9.4%増であった。また、幹線・ローカル線別では、人ベースが幹線で3,690万人(前年度比9.8%増)、ローカル線で4,907万人(前年度比 8.0%増)、人キロベースが、幹線で381億2,099万人キロ(前年度比10.8%増)、ローカル線で397億6,785万人キロ(前年度比8.2%増)となった。

路線を見ると、一番多かったのは羽田−新千歳で868万1,515人(座席利用率67.7%)。以下に、羽田−福岡(756万4,462人、66.2%)、羽田−那覇(502万1,071人、68.5%)が続く。

中でも関西−新千歳は昨年19位から10位にランクイン。この路線にはピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパンなど格安航空会社(LCC)が就航しており、旅客数増加に影響したと思われる。その他にも、LCCが就航を開始した、関西−那覇線、成田−新千歳線、成田−福岡線、成田−那覇線及び関西−福岡線でも、旅客数が大幅に増加している。

国際航空輸送の旅客数は、1,421万人、624億12万人キロで、対前年度比それぞれ12.8%増、13.7%増であった。国際路線方面別でみると、最も多かったのは中国で275万9,076人(中国路線、前年度比99.1%)、続いて韓国が194万7,535人(韓国路線、前年度比118.7%)となった。