巨匠リヒターが表紙 ポスター型アートマガジン福島から創刊

写真拡大

 福島から世界に向けてアートとデザインの力で福島の復興を目指す特定非営利活動法人「MADE IN FUKUSHIMA」が、ポスタータイプのアートマガジン「X MAGAZINE」を創刊した。創刊号は、現代美術界の巨匠Gerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)を特集しており、両面フルカラーB2サイズ1,000円で販売されている。

福島の復興を目指すマガジンが創刊の画像を拡大

 「X MAGAZINE」は、毎号国内外のアーティスト1人にスポットを当て、世界各地で販売される。ロゴデザインは、パリを拠点に活動し「PRADA(プラダ)」や「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」のアートディレクションを務めたデザインスタジオ「M/M」が担当。売上は「MADE IN FUKUSHIMA」の活動費に充てられる。

 「MADE IN FUKUSHIMA」は、福島県出身のクリエイティブディレクター八木沢俊樹が世界的に活躍するアーティストやデザイナーの協力のもと、3.11以降の福島のイメージを改善し、地場産業の発展や地域経済の活性化に寄与するコトを目的として立ち上げたNPO法人。ロゴTシャツや「X MAGAZINE」専用フレームも販売されている。

■X MAGAZINE
サイズ:515×728mm(B2)
素材:マットコート紙・両面カラー
価格:¥1000(税込)・箱付き
企画・編集・デザイン:八木沢俊樹
翻訳:佐藤久実・戸倉里奈
デザイン協力:相島大地
編集協力:牧信太郎
WEB SHOP:https://xagazine.stores.jp/