水原希子 リーボッククラシック新アンバサダーに就任しシューズをデザイン

写真拡大

 リーボックジャパンが、歴代の名作を中心に展開する「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」ウィメンズコレクションの新アンバサダーにモデルで女優の水原希子を起用した。就任を記念し、カスタマイズシューズのクリエイターに著名人を迎える「クリエイターズ・プロジェクト」の第2弾として、水原希子がスペシャルモデルシューズ「Kiko Mizuhara Model」をデザイン。Your Reebok(ユアー リーボック)サイトで限定販売がスタートした。

リーボッククラシック大使に水原希子の画像を拡大

 「Reebok CLASSIC」は、水原希子がもつ「周囲に流されない個性と自分に自信を持ったかっこいい女性」というイメージがコレクションの女性像にマッチし、また10〜20代の若者に与える影響力はブランドの世界観を体現する存在と考えアンバサダーに起用。「クリエイターズ・プロジェクト」をはじめ、今後様々な活動を通じて「Reebok CLASSIC」ウィメンズコレクションの魅力を発信していく。

 水原希子のアンバサダー就任を機に発売された「Kiko Mizuhara Model」は、メンズ向けのINSTA PUMP FURY(21,840円〜)とウィメンズ向けのFreestyle(12,600円〜)、23.0〜31.0センチまで幅広いサイズを揃えるPUMP OMNI LITE(22,575円〜)の3種類をラインナップ。「クリエイターズ・プロジェクト」は、オンラインで自分好みのオリジナルシューズを作れるシューズカスタマイズサービス「Your Reebok」の日本上陸1周年を記念した企画で、第一弾モデルはリーボッククラシックコレクションのクリエイティブディレクターを務めるVERBAL(バーバル)が手掛けた。

■Kiko Mizuhara Model 販売ページ
 http://shop.reebokjapan.com/yourreebok/creators13ss/yrkiko13ss/