<WGC-ブリヂストン招待 事前情報◇31日◇ファイアストーンCC(7,400ヤード・パー70)>
 「WGC-ブリヂストン招待」の初日、2日目のペアリングが発表され、松山英樹は大会通算7勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)と同組でラウンドすることが決定した。松山がウッズと同組で回るのは初。全英オープン予選ラウンドはフィル・ミケルソン(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)という最注目組で回ったが、今大会でも多くの視線を集めてラウンドすることとなる。
 その他の日本勢は「日本ゴルフツアー選手権」の優勝で今大会出場権を得た小平智がリッチー・ラムゼイ(スコットランド)、昨年の「ブリヂストンオープン」優勝者の谷口徹はD・A・ポインツ(米国)と同組でラウンドする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>