「テッド」DVD・BDでも大人気、セールス好調で両映画部門首位に。

写真拡大

マーク・ウォールバーグ主演の映画「テッド」が7月24日にDVD、Blu-rayDisc(以下BD)でそれぞれ発売となり、今週8月5日付けのオリコン週間DVD・BD両映像ランキングに初登場。DVD版「テッド」は発売初週で5.0万枚を売り上げ総合首位、BD版「テッド俺のモコモコスペシャルBOX<限定生産商品>」(共にジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント)は同3.1万枚を売り上げ総合2位(映画BD部門首位)を獲得。今週の両映画部門で首位を獲得した。

また、BD版では「テッドブルーレイ(デジタル・コピー付)」も今週のBDランキングで1.7万枚を売り上げ総合4位にランクインしており、TOP5に2作ランクインしている。

今作は、マーク・ウォールバーグ主演の異色コメディーで、命が宿り、話せるようになったテディベアのテッドと自立しきれていない中年男のコンビが巻き起こす騒動を描いた作品。BD版「テッド俺のモコモコスペシャルBOX<限定生産商品>」には高さ約15センチのテッドのぬいぐるみが付属している。