劇場版「まどマギ」BDが好発進、邦劇場版アニメBD歴代4位の初週売上。

写真拡大

8月5日付けのオリコン週間Blu-ray Disc(以下BD)ランキング(集計期間:7月22日〜28日)は、TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版BD「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語(完全生産限定版)」(7月24日発売/アニプレックス)が、発売初週で8.0万枚を売り上げ、初登場総合首位を獲得した。

初週売上は、同TVアニメシリーズ第1巻BD「魔法少女まどか☆マギカ1(完全生産限定版)」(2011年5月発売)の累積6.9万枚を初週で上回り、シリーズ最高売上を記録。またオリコンが2008年7月よりBDランキングの発表を開始して以来、邦劇場版アニメBDによる初週売上記録としては歴代4位の快挙となった。

本作は、魔法少女の苦悩を描くスリリングなストーリーが話題となった2011年放送の深夜TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」全12話に、新たな映像を交えて再編集した劇場版アニメ第一弾「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語」と、第二弾「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[後編]永遠の物語」を収録のほか、特典にはオリジナルサウンドトラックCDが同梱されている。

なお、10月26日からはシリーズ完全新作の映画化第三弾「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」が公開される。