丸の内が恐竜時代にタイムスリップ!?「大恐竜展」開催!!

写真拡大

デートで主に行くのはどこ? やっぱり“トレンドやシーズン”ならでは、ってスポットが優先になるよね。でも、たまには小学生時代の夏休みのワクワク感を思い出しに「恐竜」を観に行くのはどう?8月1日(木)〜18日(日)に丸ビル、丸の内オアゾ、新丸ビル3階アトリウム(ここのみ8月12日(月)〜14日(水)の3日間開催)の丸の内エリアで開催される「大恐竜展 in 丸の内 2013〜福井県恐竜博物館コレクション〜」はデートにオススメ。イベントの魅力についてお聞きしたところ・・・。

「本イベントは世界3大恐竜博物館のひとつと言われる福井県恐竜博物館が所蔵する肉食恐竜、草食恐竜の大小さまざまな骨格標本9体を丸の内エリアに展示します。その他、福井県恐竜博物館所蔵の『フクイラプトル』をMR技術で再現し、ヘッドマウントディスプレイを使って実際に恐竜が動いている様子を見ることが出来る映像体験コーナーを世界初公開します。大人から子どもまで幅広い層に楽しんで頂ける内容となっています」と広報さん。

なんと、博物館外初公開となる、全長約10mの大型肉食恐竜『バリオニクス・ワルケリ』や大型鳥脚類恐竜『チンタオサウルス・スピノリヌス』(約8m)の全身骨格標本の展示や、世界初公開のMR技術で再現した福井県で化石が発掘された恐竜『フクイラプトル』の動きを150インチのスクリーンで見ることが出来るという映像体験コーナーなど、地球の歴史の長さや不思議さ、恐竜の圧倒的な大きさを実感すること間違いナシ! デートがいつも代わり映えしないスポットになってきたな・・・と思ったら、ぜひ、太古のロマンを感じに出かけてみては?