ルイ・ヴィトン新広告にミシェル・ウィリアムズ、ビジュアル公開

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が、女優Michelle Williams(ミシェル・ウィリアムズ)をミューズに起用した最新広告を発表した。新作バッグ「トート W」と「カプシーヌ」にスポットを当てたビジュアルは、7月下旬から世界各国で展開される。

ルイ・ヴィトン広告にミシェル・ウィリアムズの画像を拡大

 「LOUIS VUITTON」は、女優としての才能と様々な役に果敢に挑戦しハリウッドスターの地位を築き上げていく自律的な女性像から、Michelle Williamsを新広告のミューズに起用。撮影はPeter Lindbergh(ピーター・リンドバーグ)が手掛け、2013-14年秋冬コレションで発表された官能的なレースのスリップドレスの上にマニッシュなコートをまとったMichelle Williamsを、繊細かつ印象的に捉えている。スタイリストはヤコブ・ケイ、ヘアはサム・マックナイト、メイクアップはステファン・マレが担当した。

 最新広告でフィーチャーされた2つの新作バッグのうち、グラフィカルな印象を与える「トート W」は、Wの形を連想させる大胆なラインと多彩な素材の組み合わせで、ブランドのアイコンであるモノグラムの新たな魅力を表現。一方「カプシーヌ」はタイムレスなデザインだがフェミニンな印象で、「LOUIS VUITTON」のレザーに対するクラフツマンシップを体現している。

■LOUIS VUITTON:2013-14年秋冬ウィメンズコレクション
http://www.fashionsnap.com/collection/louis-vuitton/women/2013-14aw/