銀座エリア最大級レジャービル 高級カラオケやネットカフェ開設

写真拡大

 銀座に、高級カラオケ店とインターネットカフェ、女性専用フィットネスクラブが入る新世代の「銀座111(トリプルワン)レジャービル」が7月31日に開業する。いずれもエリア最大級の広さとなる施設で、総投資額は111億円。

銀座にエリア最大級レジャー施設の画像を拡大

 数寄屋橋交差点横に出店する「銀座111」は、地下1階から地上13階まで延床面積約2,600平方メートルの巨大エンターテイメント空間を創出。核施設の「カラオケ館 銀座総本店」は地上1階から7階に入り、日本最大級となる約2,000平方メートルの店内に上質な空間を提供するファーストクラスルームや100名収容可能な大型のパーティールーム、ひとりカラオケ専用ルームなどニーズに合わせた全115室を用意する。また、ハンズフリー機能を生かして踊りながらシャウトできるヘッドセットマイクやガイコツ型のロックスタンドマイク、名前の手彫りするプライベートマイク(有料)といった多彩なサービスを備える。

 「マンガネット・ダーツ館」(8階〜10階)は、ダーツバーを併設した新コンセプトのインターネットカフェ。11月に本格オープンする「美健LABO フィットネス館」(11階〜13階)は、フィットネスからエステティックや整体、ネイルケアまでトータルなボディケア施設として運営する予定だ。

■銀座111レジャービル
 住所:東京都中央区銀座4-2-17