<リノ・タホオープン 事前情報◇30日◇モントレーゴルフ&カントリークラブ(7,472ヤード・パー72)>
 WGC-ブリヂストン招待の“裏大会”となる、米国男子ツアー「リノ・タホオープン」がネバダ州のモントレーG&CCで開催される。今大会には来季の米ツアーシード確保へ崖っぷちに追い込まれている石川遼のほか、今田竜二らが出場。シーズン終盤に差し掛かっていることもあり、WGCに負けず劣らず激しい戦いが繰り広げられる。
ステーブルフォード方式とは 用語集
 今大会は通常のストローク方式ではなく、ステーブルフォード・スコアリングという特殊なフォーマットで開催される。これはスコアに応じてダブルイーグル(8点)、イーグル(5点)、バーディ(2点)、パー(0点)、ボギー(-1点)、ダブルボギー以下(-3点)と設定されているポイント数の合計で順位を競うもの。Drフランク・ステーブルフォードが考案したことからこの名称で呼ばれるようになった。
 この方式で求められるのはとにかくバーディを狙っていくゴルフ。ボギーを2つ打ってもバーディ1つで帳消しにできるだけに、リスクを恐れず最後まで攻めていく姿勢が何よりも必要だ。石川、今田ともに上位フィニッシュが求められる中ポイント争奪戦でどんな戦いを見せるのか注目が集まる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>