米サックスが身売り カナダ大手百貨店ハドソンズ・ベイが買収

写真拡大

 カナダ大手百貨店チェーンのハドソンズ・ベイが、アメリカの高級百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」などを展開するサックスを買収すると発表した。買収額は総額で約29億ドル(約2840億円)。

ハドソンズ・ベイ、米サックスを買収の画像を拡大

 1670年創業のハドソンズ・ベイは年内に合併を完了させる計画で、コスト削減と共に「サックス・フィフス・アベニュー」や「ロード・アンド・テイラー」などをカナダにも出店し、年間売上高は約70億ドルになる見込み。1924年に設立されたサックスは、リーマン・ショック後から業績が低迷していた。

 ハドソンズ・ベイのCEO、Richard Baker(リチャード・ベイカー)は、「何年にも渡ってサックスとは長い繋がりがあり、サックスがハドソンズ・ベイの仲間に加わることによって、私たちはお客様にさらにより良いサービスを提供するだろう」とコメントを発表している。