岩合光昭写真展「ネコライオン」は8月10日(土)から10月20日(日)まで東京都写真美術館で開催/(c)Mitsuaki Iwago

写真拡大

日本を代表する動物写真家・岩合光昭氏によるユニークな写真展「ネコライオン」が8月10日(土)から10月20日(日)まで東京都写真美術館で開催される。

【写真を見る】岩合氏のコメント付き。「母親は子の隠し場所をたびたび移します。」(石巻市 宮城県)

世界各地の大自然の中、野生動物を撮った作品で高い評価を受ける岩合氏だが、一方でイヌやネコの撮影も長年続けており、その愛らしい写真は多くの人から支持されている。そんな岩合氏の取材対象のなかでも、とりわけ多くの時間を割いて撮影を継続しているのがネコとライオン。岩合氏はこのように語る。「ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ」

今回の写真展では岩合氏が撮り続けてきたネコとライオンの写真から同じポーズ、構図の写真をペアにして約180点を展示。この記事で掲載されたペアの写真を比べて見ると、ネコとライオンはびっくりほど似ている!

私たち人間の生活に溶け込むように暮らすネコ。一方で百獣の王と呼ばれ、人間と無縁のように野生の世界に生きるライオン。彼らは同じネコ科でありながら、体格も生きる環境も大きく違う。それでも、やはりどこか似ている。今回の写真展は、そんな岩合氏の言葉を証明する!?楽しい展示内容となっている。とはいえ、アフリカのサバンナで獲物を捕らえるオスライオンとサカナを網ごと引っ張るネコの姿の比較など、両者それぞれの“野生”が浮き彫りになる作品も展示。単に癒しだけでは終わらない内容となっている。展示される写真それぞれには今回の記事と同様、岩合氏によるキャプションも添えられる。撮影者ならではの言葉から写真の背景が浮かび上がってくる構成だ。

8月1日(木)からは渋谷ヒカリエで「岩合光昭写真展『ねこ』」も開催。一方のチケットの半券を持参すると、もう一方の展覧会の入場料が2割引になるという【ネコ割】も実施される。

似ているようで似ていない。そして、似ていないようで似ている。「ネコライオン」の摩訶不思議な世界、ネコ好きならずとも見てみる価値はあるのでは。【東京ウォーカー】