「いま、男はエロティック!」向井理、綾乃剛ら旬の男達を被写体に蜷川実花写真展開催

写真拡大 (全9枚)

写真家・蜷川実花が旬な男性タレント達のセクシーな魅力を、アートな写真表現で切り取った写真集『月刊MEN』(ポニーキャニオン)シリーズの写真展が、タブロイド・ギャラリーにて8月6日より開催される。

被写体となったタレントは、向井理、真司郎、窪塚洋介、大東駿介、武田真治、綾野剛、金子ノブアキ、三浦翔平、松田翔太の9人。各タレント20点ずつの合計180点の写真が展示される。

同展は札幌パルコ、札幌宮の森美術館を巡回。本州は今展が初めて。

【イベント情報】

蜷川実花写真展「月刊MEN」

会場:タブロイド・ギャラリー

住所:東京都港区海岸2−6−24タブロイド1階

会期:8月6日から9月1日

料金:一般500円、小学生以下無料