写真提供:マイナビニュース

写真拡大

花王は29日、2013年12月期の通期連結業績予想を修正し、純利益を従来予想の730億円から670億円に引き下げると発表した。これは、子会社のカネボウ化粧品が販売した美白化粧品の自主回収問題に伴い、2013年6月中間決算において84億円の損失を計上したため。

損失費用のうち特別損失は56億円、売上原価に28億円を取り込む。

一方、円安の進行や国内・アジアのコンシューマープロダクツ事業の好調を受け、通期の売上高は前回発表の1兆2,700億円から1兆3,000億円に、経常利益は1,170億円から1,180億円に上方修正。営業利益は1,160億円のままで変化はなかった。

(御木本千春)