写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エチオピア航空のボーイング787型機の熱損傷に起因し、国土交通省も日本国内の同型機の運航者に対し、当該航空機用救命無線機(ELT)について、点検又は取卸しのいずれかの措置を指示する耐空性改善通報を発行した。

○他型式の航空機にも点検検討を指示

7月12日(英国時間)、エチオピア航空のボーイング787型機が、ロンドン・ヒースロー空港において駐機中、胴体後方の上部が熱損傷する事案が発生。本事案を調査している英国の事故調査当局は7月18日(英国時間)、ハネウェル社(カナダ)製の固定型のELTに内蔵されたリチウムマンガン電池に損傷を確認したと公表し、米国連邦航空局(FAA)に対して安全勧告を行った。

FAAは7月26日、米国の運航者に対し、ボーイング787型機の当該ELTについて、点検又は取卸しのいずれかの措置を求める耐空性改善命令(AD)を発行。これを受け、国土交通省も日本国内の同型機の運航者に対し、同様の内容を指示する耐空性改善通報を発行した。

また、同社製の固定式のELTを搭載した他型式の航空機についても、運航者に対して自主的な点検の実施を検討するよう指示。既に全日空(ANA)、日本航空(JAL)とも対応を行っている。