写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インテージは7月29日、「アジア4カ国の色に関する意識調査 〜色で表す日本のイメージ〜」に関する調査結果を発表した。同調査は日本カラーデザイン研究所と共同で行ったもので、日本、中国、タイ、ベトナムの20〜50代の一般男女を対象に1〜4月に実施。有効サンプル数は各国約80名。

○日本のイメージカラーは「赤」と「白」

日本のイメージカラーは、日本人もアジア3カ国の人々も、国旗の日の丸にある「赤」と「白」を挙げる人が多かった。異なるのは、日本人が「赤」47.1%「白」12.6%と赤の割合が多かったのに対して、アジア3カ国合計では「赤」が34.4%「白」が29.1%割と、3割程度で同率である点だった。

○アジア3カ国がイメージする、日本のカラーはピンク

国別での日本のイメージカラーを見ると、アジア3カ国(中国18.8%、タイ4.8%、ベトナム17.6%)のいずれもピンク系を日本の色として認めている。同社は、アジア3カ国の人々は、ピンクに日本の花である“桜”を連想、あるいは現代日本のポップカルチャーを象徴する“KAWAII”をイメージしているという見方もできると分析している。

また、日本人は日本のイメージカラーを赤・白・に続き「青」も挙げている(12.6%)。これは、日本人にとってブルー系は、伝統的な藍染めの色“ジャパニーズブルー”として親しみの深い色であることと、“サムライブルー”などスポーツの「日本代表」に採用されている色であることも考えられる。以下、「深緑」「ライトグレー」「ゴールド」が続いた。

○中国では無彩色、ベトナムでは暖系色

中国人は自国に「赤」のイメージが強いためか、「赤」を日本の色とする割合は低く10.0%。「ブラック」11.3%、「ライトグレー」3.8%、「ダークグレー」2.5%という無彩色の割合が他の国より高い傾向があった。

それに対して、タイ人は「赤」を選んだ割合が最も高く65.5%を占める。ベトナム人は比較的多様な見方をしており、他国では選択されなかった「オレンジ」6.3%や「赤紫」5.0%という赤の周辺の色相(日本では“アジア的”とされる色)も挙げている。

(フォルサ)