「白熊」を食べてひんやり

写真拡大

小田急百貨店は、東京の新宿店本館11階の催物場で、2013年7月31日から8月6日まで、「全国うまいものめぐり」を開く。23都道府県から全51店が参加する。

すっぽんの姿焼きをその場で粉末に

真夏の開催は今回が初めて。猛暑を乗り切るために「スタミナ&スパイシーメニュー」と「ひんやりメニュー」の二大特集を用意した。

「スタミナ&スパイシー」特集の中でも特にスタミナがつきそうなのが、「すっぽん姿焼きの粉末」だ。福島県の「みちのくすっぽん愛和産業」が、すっぽんの姿焼きをその場で粉末にする実演販売を行なう。

「ひんやり」特集は、鹿児島の「元祖・氷白熊」や静岡の「温泉メロン生ゼリー」などのつめたいスイーツのほか、盛岡冷麺をはじめつめたい食事も提供する。