●虎穴に入らずんば犬を得ず

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 2013 Shunsuke Sarai / PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC. / 犬ハサ製作委員会

<キャスト>
春海和人:櫻井孝宏
夏野霧姫:井上麻里奈
春海円香:阿澄佳奈
柊鈴菜:伊藤静
大澤映見:加隈亜衣
秋月マキシ:芹澤優
犬飼潔:羽多野渉
本田桜:内田真礼
本田弥生:五十嵐裕美
森部佐茅:斎藤千和

●ストーリー
「読まずに死ねるか!」…

生き返ると、俺は犬になっていた…。
読者犬×ドS作家が繰り広げるミステリ系不条理コメディ!

ある日突然、強盗に殺された春海和人(はるみかずひと)。
だが本バカゆえの執念で奇跡の生還を果たした。
――ダックスフンドの姿で。
「こんな姿じゃ本読めないじゃん!!」
悶える彼の前に現れたのは、ハサミが凶器のサド女、夏野霧姫(なつのきりひめ)。
でも、犬である和人の声が分かるし、
しかもその正体は彼が大ファンの作家。
そんな犬生(人生?)、いったいどうなるの!?
●前回のあらすじ
突然、夏野霧姫のマンションの窓を打ち破って侵入してきたのは春海和人の妹・春海円香。

春海円香「こんな事もあろうかと和兄に発信機を付けておいたのよ!」

一体何を想定したのかは敢えて聞きませんが、色々な意味で危ない春海円香に対して、それ以上に危ない夏野霧姫はどうするのでしょうか?
●贖罪
夏野霧姫「まあ落ち着きなさい、妹。入ってくるなら玄関からになさい。」
春海円香「黙れ!お前のせいで和兄はこんな姿に…。」

犬になった春海和人にとって妹・春海円香の元に帰る事が必ずしも幸せなのでしょうか?もちろん夏野霧姫が遠因となって彼は死んだのですが、彼女の読者である彼のために作品を書き続ける事で贖罪をするほうが、今の彼にとって幸せと言えるかもしれません。

それを悟った春海円香はマンションの窓から飛び降りて…。
●鮪喰(マグロイーター)
春海円香「よくここが分かったね。」
夏野霧姫「うちの犬は良く行方不明になるから発信機を付けているのよ。」


※発信機を2つも付けられていた犬・春海和人。

春海円香は愛用の包丁である鮪喰(マグロイーター)を取り出し、夏野霧姫はいつもの鋏で対抗します。

※鮪喰(マグロイーター)でどうやってカレーを作っていたのでしょうか?

結局、劣勢になった春海円香は鮪喰(マグロイーター)を飛び道具に変形させて最後の一撃を放ちます。
●通り魔事件の真犯人
夏野霧姫「良い答えだわ。けど!」

何と春海円香の飛び道具を鋏で撃墜する夏野霧姫。

負けを認めた春海円香ですが、あっさりと夏野霧姫と仲直り!

ところが、

春海円香「通り魔って何?」

どうも彼女は通り魔では無かったようです。となると通り魔の真犯人は!

柊鈴菜「そう、どこまでご存知なの?」

春海和人はここまでの状況から分析した結果、夏野霧姫の担当編集者である柊鈴菜が通り魔事件の真犯人だと推定します。それも彼女のスランプを乗り越えさせるために!しかし、

柊鈴菜「私が犯人とは証明出来ないのよね。」
春海和人「俺はお前がした事は許せない!」

ところが、

夏野霧姫「面白い事をしてくれたじゃない!」

夏野霧姫は真犯人が既に柊鈴菜であると気付いていたようです。

夏野霧姫「スランプは乗り越えたわよ!」

と大量の新作原稿をばら撒きます。それを掻き集める柊鈴菜。

夏野霧姫「スランプも何もかも乗り越えて書いてみせる!」
●本当の通り魔は
どうやら本当の通り魔は柊鈴菜が撃退していた模様。

柊鈴菜「先生、怒っちゃいました?」
夏野霧姫「この豚野郎!」


「犬とハサミは使いよう」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第4話「夏野霧姫VS春海円香」(ネタばれ注意)
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第3話「猟奇的な妹との再会」(ネタばれ注意)
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第2話「復讐より大切な事」(ネタばれ注意)
【アニメ】「犬とハサミは使いよう」第1話「ビブロフィリアの犬」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「犬とハサミは使いよう」TVアニメ公式Webサイト
「犬とハサミは使いよう」AT-X公式Webサイト