同性愛に寛容な姿勢のローマ法王

ざっくり言うと

  • フランシスコ法王は29日、自分は同性愛の是非について語った
  • 同性愛者は社会から疎外されるべきではないとの見解を示した
  • 一方で「同性愛ロビー活動」については、深刻な問題だと非難した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング