「ヱヴァQ」DVD・BDで33.5億円、2013年上半期の映像ソフトで断トツ。

写真拡大

オリコンは7月30日、2013年上半期の「映像ソフトマーケットレポート」(対象期間:2012年12月31日〜2013年6月30日)を発表した。ジャンル別では「アニメ」「邦画」の2ジャンルがDVD、BDともに前年比増に。中でも「アニメ」は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q〜」がDVD・BD計33.5億円と断トツで市場をけん引した。

「アニメ」は、全ジャンルの売上金額の中でも約3割という大きなシェアを持つ中で、対前年同期比119.8%とほぼ2割増、金額で68.7億円増と、映像ソフト全体の前年同期比増に最も貢献したジャンルとなっている。この結果、全ジャンルの売上額に占める割合は、2012年の上半期では「アニメ」27.8%と「邦楽」の29.4%に譲ったが、今年は「アニメ」32.7%、「邦楽」28.5%と、2011年上半期以来再びトップシェアとなった。

また「アニメ」ジャンルのタイトル別売上金額を見ると、ランクイン期間内に5億円以上売り上げたタイトル数が昨年より増加しており、2012年上半期の2作から今年は5作に、1億円以上では44作から67作へと増加した。

市場をけん引した5億円以上の5作は、昨年11月に劇場公開され大きな話題を呼んだシリーズ3作目となる「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」(BD)が23.4億円でトップ。以下、「同」(DVD)の10.2億円、「『魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's』超特装版【完全受注生産】BD」(BD)の9.2億円、「天元突破グレンラガンCOMPLETE Blu-ray BOX」(BD)の8.2億円、「機動戦士ガンダムUC 6 初回限定版」(BD)の7.9億円と続いた。

このほか「猫物語(黒)」「ガールズ&パンツァー」「ソードアート・オンライン」「宇宙戦艦ヤマト2199」の各巻や、劇場作の「ONE PIECE FILM Z」「おおかみこどもの雨と雪」、BOXセットの「STEINS;GATE Blu-ray BOX」などが売上額上位に名を連ねている。

一方の「邦画」ジャンルは、増加金額こそ「アニメ」に及ばないものの、増加率の方は対前年同期比147.9%と大幅増。2012年上半期では同65.7%と大きく落ち込んでいたが、今年は一気に巻き返したかたちだ。

ランクイン期間内に1億円以上を売り上げたタイトル数は、2012年上半期の5作から今年は12作に増加し、トップタイトルの売上額も2012年の上半期は「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見るスペシャル・エディション」(DVD)の3.2億円に対し、今年は「エイトレンジャーヒーロー協会認定完全版【完全生産限定】DVD」(DVD)が5.0億円を記録、以下、「踊る大捜査線THE FINAL 新たなる希望FINAL SET <Blu-ray>」(BD)が2.9億円、「BRAVE HEARTS 海猿スタンダード・エディション<DVD>」(DVD)が2.8億円、「アウトレイジビヨンド」(DVD)が1.6億円を売り上げるなどして「邦画」映像ソフト市場を盛り上げた。

上記以外のジャンルでは、音楽のうち「邦楽」が売上額対前年同期比98.7%で、健闘するも微減という結果となったほか、残る「洋画」「洋楽」「国内ドラマ」「海外ドラマ」「バラエティ・お笑い」「その他(特撮、スポーツ、アイドル・イメージ、演劇・舞台、キッズ、カルチャー・教養、他)」も全て前年比減となった。

ただし、BDのみの売上金額では、「洋楽」を除く全ジャンルが前年比増となっており、今期はBDメディアの好調ぶりが表れた結果となっている。