写真提供:マイナビニュース

写真拡大

旭化成ホームズはこのほど、7月第4日曜日の『親子の日』にちなんで実施した「親と子の財産相続に関する意識調査」の結果を発表した。

同調査は、2013年7月5日〜6日の期間に行われ、親世代に向けた調査では312名、子世代に向けた調査では328名から有効回答を得た。回答者の属性は、親世代が子どもがいる65歳以上、子世代が65歳以上の親がいる30歳〜49歳となっている。

財産相続の方法について検討したことはあるかと尋ねたところ、「具体的に検討している」と答えた割合は親世代で8.7%、子世代で7.0%と共に1割未満にとどまった。「具体的ではないが、検討している」までを合わせた「検討している人」についても親世代で28.6%、子世代で24.1%と3割に満たなかった。

財産相続について不安や心配事があるかとの質問に対しては、「特に不安や心配事がない」と答えた割合は親世代で64.6%だったのに対し、子世代では34.8%と約半数に減少した。

財産相続についての不安や心配事の内容を見ると、親世代では「相続税を多く取られそうで心配」、子世代では「財産相続のことについて話すきっかけがない」が最多。また、子世代では「財産相続のことが難しくてよくわからない」、「相続税を多く取られそうで心配」が上位に入り、知識不足からくる不安や心配事が多いことがわかった。

財産相続の方法について実行または検討していることとしては、「財産相続方法を盛り込んだ遺言書を作成」が最も多く親世代で66.1%(「すでに実行している」と「検討している」の計、以下同)、子世代で50.6%。次いで「生前贈与を行う」となり、親世代で54.1%、子世代で50.6%となった。

2013年1月に決定された2013年度税制改正大綱の相続税改正に関する主要4項目について、認知率を調べたところ、「どの項目も知らない」と答えた割合は親世代で54.1%、子世代で68.6%に上った。

親世代が所有する土地や建物の平均想定評価額は3,047.6万円。最も割合が高かったのは「1,000〜1,999万円」で18.4%。2,999万円以下の合計は45.4%、5,000万円以上は14.4%、1億円以上は5.0%だった。

土地や建物、預金、株式などの金融資産と生命保険までを含めた大体の財産総額の平均は4,743.3万円。割合が最多となったのは「3,000〜3,999万円」で11.5%。5,999万円以下の合計は48.8%、1億円以上は11.0%、2億円以上は3.9%となった。

(御木本千春)