胸がキュン!! あざやかな色づかいとキュートな世界観にときめく粘土アート

写真拡大

子どものころにみんな遊んだことがある「粘土」。粘土といえば灰色だったという世代はかなり古い!? 最近はカラフルな粘土が登場し、人気のおもちゃのひとつになっています。

今回は、そんなカラフル粘土を使って、胸キュンしちゃうステキな作品を作るAlexandra Bruelさんをご紹介していきます。

Alexandra Bruelさんは、イギリスのイラストレーション事務所「Handsome Frank」に所属するデザイナー出身のアーティスト。数年前から粘土を使った作品を作り始め、食べ物やアクセサリー、ファッションアイテムを題材にしたり、それらを組み合わせた斬新な粘土アートを生み出したりして注目を集めています。

中でも特に目を引くのが、アクセサリーや小物と組み合わせたポップな作品。自由自在に形を変えながら落ち着いた質感の粘土と、キラキラ光るあざやかなアイテムとのコラボが独特の世界観を作りだしています。ポップでかわいいアートが好きな人は、ひと目見ただけできっと胸キュンしちゃうはず。

粘土は、簡単に形を変えたり色を混ぜたりできるのも大きな魅力。Alexandra Bruelさんの作品は、そんな性質を利用して、食べ物をフィーチャーしたり、コラボしたものが多いのも特徴です。チョコレートの「スニッカーズ」や「ステラ・アルトワ」のビール缶が溶ける様子などは、粘土ならではの表現力といえるでしょう。

また、スニーカーのようなカジュアルなアイテムを取り入れた作品も。一見すると本物かと思っちゃいますが、実は粘土。よーく見ると細かいところまで作り込まれていて、かなり丁寧な仕事ぶり。それでいて粘土のマットな質感が手作りの味わいをかもしだし、ほっこりした作品に仕上がっています。

粘土の可能性を最大限に引きだしたAlexandra Bruelさんの作品の数々。カラフルでキュートな世界観は女性らしく、見た人をギュッと惹きつける魅力を持っています。さらにいろいろな作品を見たいという方は、「Handsome Frank」のサイトもチェックしてみてくださいね。

(文=シナモン)
参照元:Handsome Frank


画像をもっと見る