写真提供:マイナビニュース

写真拡大

経済産業省は29日、2013年6月の商業販売統計速報を発表した。それによると、6月の商業販売額は前年同月比0.5%増の38兆3,060億円となり、2カ月連続で前年を上回った。

業態別に見ると、卸売業は前年同月比0.1%増の26兆8,840億円、小売業は同1.6%増の11兆4,210億円と、ともに2カ月連続のプラス。なお、季節調整済前月比を見た場合、商業販売額は3.0%減、卸売業は0.6%減、小売業は0.2%減となった。

卸売業について業種別に見ると、建築材料卸売業が前年同月比7.9%増、食料・飲料卸売業が同3.9%増、化学製品卸売業が同2.7%増、繊維品卸売業が同2.6%増、各種商品卸売業が同1.8%増、医薬品・化粧品卸売業が同0.9%増、衣服・身の回り品卸売業が同0.4%増、鉱物・金属材料卸売業が同0.4%増となった。

一方、家具・建具・じゅう器卸売業は前年同月比8.1%減、機械器具卸売業は同4.7%減、農畜産物・水産物卸売業は同1.3%減、その他の卸売業は同0.9%減少した。

大規模卸売店販売額は前年同月比0.5%減の8兆9,510億円。商品別では、鉱物が同50.6%減、紙・紙製品が同9.1%減、家庭用電気機械器具が同9.0%減、石油・石炭が同7.5%減、非鉄金属が同4.5%減など。それに対して、その他の輸送用機械器具は同23.3%増、化学製品は同16.2%増、建築材料は同15.4%増などとなった。

小売業について業種別に見ると、織物・衣服・身の回り品小売業が前年同月比9.9%増、各種商品小売業(百貨店など)が同5.4%増、燃料小売業が同5.0%増、機械器具小売業が同2.6%増、その他小売業が同1.5%増、飲食料品小売業が同0.9%増、医薬品・化粧品小売業が同0.7%増となった。一方、自動車小売業は同6.3%減少した。

大型小売店販売額は前年同月比4.5%増の1兆6,385億円。内訳は、百貨店が同7.1%増の5,586億円、スーパーが同3.2%増の1兆800億円となった。商品別に見ると、衣料品は同8.7%増、飲食料品は同2.6%増、その他は同4.8%の増加。なお、大型小売店の季節調整済前月比は1.5%増、百貨店は同3.0%増、スーパーは同0.9%増となった。

コンビニエンスストアの商品販売額およびサービス売上高は前年同月比5.8%増の8,272億円。内訳は、商品販売額が同5.1%増の7,820億円、サービス売上高が同20.8%増の452億円だった。

(御木本千春)