ビューティー・タブレットを活用した接客

写真拡大 (全3枚)

 資生堂は、店頭で接客応対を行うビューティーコンサルタント(BC)が、6月から活用を開始したタブレット型の携帯情報端末『ビューティー・タブレット』(iPad)に、7月21日から 3種類の専用開発のアプリケーションソフトを順次導入し、店頭での応対に活用する。

 ビューティー・タブレットは、国内で店頭活動に従事するBCを中心として約11,000 人に支給されており、これまでは主に個人の勤務時間の管理や商品カタログの閲覧、新製品などの商品情報、プロモーション施策情報など、社内向けの情報共有に活用していた。

 今回、ビューティー・タブレットに、専用開発のアプリケーションソフト第1弾として「メーキャップシミュレーター」を7月21日から導入・活用を開始している。同アプリによって、来店客が鏡を見るように顔を映すだけで、その場で化粧を落とすことなく、気軽に旬のメーキャップパターンなどをシミュレーション体験することが可能となり、その後、BCがシミュレーターで選んだ色を実際に付けるなど、来店客それぞれに似合う色提案や商品提案を、その場で短時間にできるようになる。今後「ファンデーション」(8月21日導入)、「スキンケア」(年内導入予定)を順次導入していく。