「聖ルカ臨床教育研究セミナー2013」が2013年10月19日、聖路加看護大学(東京・中央区)で開かれる。現在、参加申込を受け付けている。「101歳の現役ドクター」日野原重明さんが理事長を務める聖ルカ・ライフサイエンス研究所(公益財団法人)の主催。

米国の「ジョイント・コミッション」最高責任者も講師に

セミナーでは、米国の「ジョイント・コミッション」(JC)の最高責任者マーク・チャシン氏らが講師を務める。JCは、医療現場の安全性や医療の質を認証する団体で、聖路加国際病院を含む聖路加国際メディカルセンターも、「同インターナショナル」(JCI)の認証を受けている。

当日は、日野原理事長が開会あいさつをした後、チャシン氏がJCの活動について講演したり、講師らによるパネルディスカッションを開いたりする予定(同時通訳あり)。

開会は朝10時。定員300人(先着順)。参加費5000円(昼食込。同研究所賛助会員は無料)。申し込みは、同研究所サイトなどから。