日本初「ジーンズソムリエ」国産ジーンズ発祥の岡山で創設

写真拡大

 日本初のジーンズに関する資格認定制度「ジーンズソムリエ」が誕生した。岡山県アパレル工業組合と倉敷ファッションセンターが創設し、11月14日に東京、大阪、岡山の3会場で資格認定試験を実施。合格者にはジーンズソムリエ認定証等が授与され、希望者を対象にジーンズ製造工場を見学するジーンズソムリエツアーの開催を予定している。

ジーンズソムリエ創設の画像を拡大

 「ジーンズソムリエ資格認定制度」は、岡山県・倉敷市・井原市及び関係繊維団体の後援を受け、専門知識が必要とされるジーンズ選びのアドバイザーとしてジーンズソムリエの育成を行うために創設。同プロジェクトを通してジーンズの魅力の発信や、全国のジーンズマーケットの活性化、ジーンズ文化の普及を目指す。

 試験問題はジーンズの基本知識、素材、縫製、洗い加工、流通過程等から出題される。資格認定受験料はテキスト代込みで7,900円となり、受験申込受付は9月2日から10月15日。受験申込者には公式テキストが配布され、100点満点中、80点以上の成績で「ジーンズソムリエ」に認定される。

倉敷ファッションセンター株式会社サイト:http://www.k-fc.com/js/