独シュタイフとネ・ネット「にゃー」コラボぬいぐるみ限定発売

写真拡大

 「Né-net(ネ・ネット)」から誕生した人気キャラクターのにゃーが、ドイツのシュタイフ社とコラボレーションしたぬいぐるみ「シュタイフ にゃー」を発売する。テディベアが大好きだというデザイナー高島一精の念願のコラボレーション。1,500個の数量限定で、発売は8月2日が予定されている。

にゃーとシュタイフのぬいぐるみ登場の画像を拡大

 「シュタイフ にゃー」は17センチの黒のボディに白のリボンを首元にデザイン。白地に赤い文字でトレードマークの「ボタン・オン・イヤー」が取り付けられ、シリアルナンバーが記載されている。ネ・ネット にゃーやネ・ネットショップの各店で取り扱われ、価格は15,750円(税込)。

 シュタイフ社は1880年にドイツで誕生し、世界で初めてテディベアを作った。ぬいぐるみはドイツの職人の手作業で一体ごとに丁寧に作られており、今年6月には熊本県のくまモンとコラボレーションし、即完売になるなど話題を集めた。

■ネ・ネット にゃー
 http://nya-shop.net/