『凶悪』 ©2013「凶悪」製作委員会

写真拡大

9月21日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される映画『凶悪』の予告映像が公開された。

【もっと写真や動画を見る】

若松プロダクション出身の白石和彌監督がメガホンをとった同作は、雑誌『明朝24』編集部に届けられた死刑囚からの告発をもとに、数々の殺人事件を操っている首謀者を追うジャーナリストの姿を描いた作品。今回公開された予告映像では、ピエール瀧が演じる死刑囚・須藤が男を殴りつける姿や「ぶち殺すぞ!」と叫ぶ凶暴な表情、リリー・フランキー演じる「先生」と呼ばれる男・木村が冷静に殺人計画を語る場面や殺しを楽しむような笑顔が確認できる。また、山田孝之が演じるジャーナリスト・藤井が事件の闇に向き合うことで精神的に追い詰められ、池脇千鶴が演じる妻・洋子と衝突する場面なども盛り込まれている。

同作について犬童一心監督は、「息をするのを忘れた。すぐそこにある『凶悪』がフルスロットルで描かれる。履いてる靴下の匂いまでしそうな画面の吸引力。こんなに『悪』が生き生きとしているのは久しぶりだ。監督白石和彌の名が焼きごてで刻印された」とコメントしているほか、崔洋一監督は「怖いのに笑える。この極悪ぶり、突き抜けている」と賞賛をおくっている。