写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マーケティングリサーチを行うネオマーケティングはこのほど、同社が運営するアンケートサイト「アイリサーチ」にて、「自宅でのプチ贅沢」に関する調査結果を発表した。同調査は、6月28日〜7月3日にかけ東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に在住の20歳〜49歳女性を対象に実施。900人から回答を得た。

○1年前と比べて収入が増えた人は23.4%

「1年前と比べて収入は変わったか」を聞いたところ、「変わらない」が53.3%、「増えた」が23.4%、「減った」が23.2%だった。既婚(兼業・専業)者・未婚者別で見てみると、兼業主婦は収入が「増えた」が13.7%、「少し増えた」が25.0%となり、他と比較して収入が増えた人が多かった。

○1年前より支出が増えた人は38.1%

「1年前と比べて支出は変わったか」を聞いたところ、こちらも「変わらない」が46.4%で最も多い回答となった。また支出が「増えた」「少し増えた」人は38.1%で、収入の増減より14.7%多く、収入は変わらなくても少しずつ財布のひもが緩くなっている傾向が見て取れた。兼業主婦においても、「増えた」が13.3%、「少し増えた」が33.0%となった。

○ほとんどの人が「節約を意識している」

「節約について普段から意識をしているか」を聞いたところ、「とても意識している」が33.0%、「ある程度意識している」が45.8%、「やや意識している」が15.7%となり、合わせて94.5%が節約を意識していることがわかった。

また、節約を意識している人に「普段行っている節約方法」を聞いたところ、1位は「ポイントカードを利用する」の70.5%。以下「安い食材を買う」が64.6%、「特売品やセール品などを購入する」が61.2%となった。

○7割が節約に疲れているが、ほぼ全員が「節約を続ける」

「節約をすることに対して疲れていると思うか」を聞いたところ、「とても思う」が12.9%、「思う」が24.7%、「少し思う」が34.2%となり、71.8%が節約に対して疲れを感じていた。続いて「今後も節約するつもりか」を聞いたところ、「とても思う」が42.8%、「思う」が42.2%、「少し思う」が14.6%となり、合わせて99.6%もの人が今後も節約するつもりだと答えた。

○たまにちょっと贅沢することが節約のモチベーションに

「節約を続けるためにしている事やモチベーション」について聞いたところ、1位は「たまにちょっと贅沢をする」の63.5%だった。また、ちょっとした贅沢(プチ贅沢)を実際している人に、「リラックスしながらちょっとした贅沢をする場所」を聞いたところ、3人に2人(66.9%)が「自宅」と答えた。

次いで「自宅」と回答した人に、自宅でちょっとした贅沢(プチ贅沢)をするときに「誰と一緒にするか」を聞いたところ、最も多い回答は「自分1人で」の81.5%だった。

○ちょっとした贅沢は「お菓子」「食材」「趣味」

「どのようなもので自宅でのちょっとした贅沢を楽しんでいるか」を聞いたところ、1位は「お菓子」の87.3%。以下「食材」が42.7%、「趣味」が37.6%だった。

調査の詳細は「アイリサーチの調査レポート」で閲覧できる。

(エボル)